財政破たんはしない理論、する説、いろいろある。

国中が20年頃後にファイナンス破綻するという意見といった、増税するから破たんはしないという意見。
破綻するなら早急のうちに、早めにやっておくべきだとわたしなんかはおもう。
ファイナンス破たんしたら、年金に頼って暮らしているお客という、ライフスタイル父兄がとにかく死ぬ。
日本にホームレスがあふれる。
ファイナンス破綻してもいいんじゃないかな。年金とライフスタイル支援のイノベーションになるなら。
そうしていちからガラガラポンして、やりなおせば好ましい。
景気勢力は落ちてあるだろうけれど、まだ人口もおるだろうし、
国中を出て行きたい若い人は、勝手に出て行けば嬉しい。
国中は地方に爺さんが住んで、恐ろしい勢いで貧乏人国になる。
毎年、増税につぐ増税。各種ところから税金がなくなる。
そうして、賃金TAXも年金掛け金も厚生年金もボディ保険も、メチャ挙がる。
どうしても、40%近くの稼ぎを取られているのだけど、サラリーマンは黙って従うしかない。
節税もできない。
これが、60%ぐらいまであがって、消費TAXは18%ぐらいまで出向くハズ。ミュゼ 鼻下